ほくろ除去|三島市にある形成外科|増田形成外科皮膚科医院|ダーモスコピー

TEL:055-976-1232

お問合せはこちら

ほくろ除去

ほくろ除去について

ほくろイメージ

ほくろは皮膚悪性腫瘍、特に悪性黒色腫との鑑別が大切です。悪性黒色腫はリンパ節に転移しやすく、進行の速いことが多いため、怖れられています。短期間で急に大きくなったり、色が濃くなったり、色素が周りの皮膚に染み出してきたり、硬化してきたような場合は注意が必要です。

当院では、ダーモスコピーにて診断します。検査の結果、もしも悪性の疑いがあれば、保険診療で手術します。悪性腫瘍の疑いが低く、本人のご希望でほくろを切除する場合には、自費診療にて処置いたします。ほくろの切除には、以下のような方法があり、ほくろのできている場所や形状、大きさなどを考え合わせた上で選択します。

くり抜き法

くり抜き法は医療用のパンチのような特殊な道具やメスを使ってほくろを円形にくり抜き、除去する方法です。除去後は欠損した部分の組織が自然に盛り上がり、傷は塞がります。血流の多い部分、特に顔は皮膚の修復力が強いので、このくり抜き法が適しています。ほくろの大きさとしては、5~6ミリのものを対象とします。

切開縫合法

腕や背中、胸などの場所は比較的血流が少ないため、ここに生じたほくろ除去にくり抜き法を適用すると皮膚の修復が遅れ、傷がきれいに塞がらないケースがあります。そのため、くり抜き法が適さない部分ではメスを使ってほくろを切除し、その後縫合して抜糸するという方法が選択されます。この場合、縫合するために、傷口が切除したほくろよりも大きくなることがあります。

ラジオ波切除

高周波メスによりきれいな切除が可能です。