リハビリテーション科|三島市にある形成外科|増田形成外科皮膚科医院

TEL:055-976-1232

お問合せはこちら

リハビリテーション科

リハビリテーション科とは

リハビリテーションイメージ

心身の機能や構造に障害が生じ、生活に支障をきたした状態を医学的に改善しようとするあらゆる取り組みのことを「リハビリテーション」と言います。

当院のリハビリ治療

肩こり、腰の痛み、ヘルニア、膝の痛み、ねんざ、骨折など、体に起こった機能障害をレーザー、高・中・低周波、針治療、干渉波、高電圧微弱電流マッサージ、膝、腰、頸などの牽引(けんいん)、遠赤外線による温熱療法など、様々な機器を用いて治療します。また、骨密度を測定して骨粗鬆症を早期に発見し、適切に対応する予防医学も行っております。

対象となる主な症状

・肩が痛い ・腕が上がらない ・手足がしびれる ・腰が痛い・歩くと膝が痛む ・けがで体がよく動かない ・体を動かすと痛みがはしる・スポーツ活動に早く復帰したい ・手術後のリハビリテーション など

主な治療内容

運動療法

身体全体または一部を動かすことで、症状の軽減や機能の回復を目指す治療のことです。予防や治療の目的で、腰痛体操、転倒予防など、筋力と柔軟性、バランス能力の改善を目的に行います。運動療法は、患者様ご自身の自然治癒力を増進させる方法であり、とても効果的です。

物理療法

物理的な作用を加えることによる身体の治療です。牽引療法*やマッサージ、温熱・寒冷・電気療法(患部に電流を流す治療)などがあり、麻痺の回復や鎮痛などを目的に行われます。 *牽引療法 身体のある部分に「引く力」を加えること(牽引)によって、骨折、筋スパズム(筋肉の一部分の硬直状態)、関節変形、拘縮(こうしゅく:関節の動く範囲が狭くなった状態)などに対する治療を行います。

当院の主な治療機器

高周波治療器(1,000ヘルツ以上) 低周波に比べ筋肉の収縮が弱く感じられますが、痛み緩和の速効性に優れ、痛みの伝達をブロックします。深くまで浸透し、筋力をつける作用もあります。
低周波治療器(1,000ヘルツ以下) 低周波電流の刺激で筋肉を直接マッサージして興奮した神経をしずめ、血行を促進し、新陳代謝を促し、疲れやコリによる痛みを和らげます。表層の痛みに有効です。
干渉波治療器 低・中・高周波を組み合わせ、同時に流すことによって身体内部で干渉させ、効果を増強します。
全身温熱治療器 遠赤外線を出すカプセルに入り、全身を温めます。血行促進により、コリや痛みを和らげ、新陳代謝を上げるため、痩身治療にもなります。
牽引治療器 痛みのある部分をゆっくり引っ張り、椎間板や椎間関節の内圧を下げ、椎間孔を拡げることで神経への圧迫を和らげていく治療です。牽引で神経への圧迫が和らぐことで痛みが軽減し、筋肉の血液循環が良くなることで慢性的な肩こりや腰痛も緩和されます。腰、頸だけでなく、股関節、膝、肘、肩、足の部分牽引も可能です。引っ張る力は、患者様の体格、症状に合わせて調整いたします。
遠赤外線治療器 太陽光線の一部で、体がポカポカ温まるのは遠赤外線のおかげです。波長が長いため、体の深部まで到達し、血液循環を促進することで新陳代謝を上げ、痛みやコリを和らげます。金属には反射されてしまうため、金属をつけていても安全です。
レーザー治療器 血流改善、抗炎症作用と、痛みの神経伝達をブロックし、筋肉、関節の痛みを和らげます。
アスピア(複合電気刺激治療器) アスピアは電流刺激療法として臨床で行われている多様な電流療法を一つの治療器で行える複合電気刺激治療器です。低周波療法、中周波療法、微弱電流療法、高電圧療法などを組み合わせることによって、より効果的な治療が行えます。